MARIA JOÃO
A POESIA DE ALDIR BLANC
マリア・ジョアン
ア・ポエジア・ヂ・アルジール・ブランキ

2,310円

SELO SESC


曲目

1. O bêbado e a equilibrista  2. O coco do coco  3. Dois pra lá, dois pra cá  4. Canção do Lobisomem  5. Intro Sede e Morte  6. Sede e Morte  7. Boca de sapo  8. Catavento e Girassol  9. Movimento Perpétuo  10. Linha de Passe  11. O sonho  12. Lendas brasileiras


Credit
Maria João - voz, arranjos
André Mehmari - piano
André Nascimento - eletrônica
Elenor Picas -harpa
Filho da Mãe - violão
Filipe Raposo - piano
João Farinha - sintetizadores, arranjos
Luís Ferreirinha - violão
Mário Delgado - guitarra e efeitos
Mário Laginha - piano
Ricardo Dias - guitarra portuguesa
Sergio Carolino - tuba
Silvian Strauss - bateria



天真爛漫な歌手マリア・ジョアン。元パートナーであるピアニストのマリオ・ラジーニャと来日したこともある。ブラジルの若手の複数のアーティストたちから、とにかく素晴らしいから!と聞き、作品を探し聴いたのだが、実は個人的にはヒットしなかった。がしかし!ブラジルが誇る作詞家アルヂール・ブランキの作品集(ジョアン・ボスコやギンガとの共作など)が、ブラジル音楽の重要な作品をリリースするSESCレーベルから届き、個性的な歌唱と楽曲との相性が素晴らしく手にして以来繰り返し聴いている。マリオ・ラジーニャ、アンドレ・メマーリも参加。 1. 名曲「酔っ払いと綱渡り芸人」にラジーニャの楽曲がマッシュアップされた出だしから心射抜かれた。





月刊ラティーナ2018年4月号掲載

(Lissa)


カートに入れる:

  • モデル: CDSS 009717


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.865 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.17599222190857