QUARTETO CARLOS GOMES
CARLOS GOMES, ALEXANDRE LEVY, GLAUCO VELÁSQUEZ
クアルテート・カルロス・ゴメス
カルロス・ゴメス、アレシャンドリ・レヴィ、グラウコ・ベラスケス

2,200円

SELO SESC


曲目
1. Sonata para Cordas No. I: Allegro Animato
2. Sonata para Cordas No. II: Allegro Scherzoso
3. Sonata para Cordas No. III: Largo
4. Sonata para Cordas No. IV: Vivace
5. Quarteto No. I: Allegro Commodo
6. Quarteto No. II Scherzo: Allegro Assai Gracioso
7. Quarteto No. III Adagio Molto: Quasi Lento
8. Quarteto No. IV: Finalle Allegro
9. Quarteto No. I: Allegro Moderato
10. Quarteto No. II movimento: Scherzo-Presto
11. Quarteto No. III Adagio: Molto Espressivo
12. Quarteto No. IV: Allegro


Cláudio Cruz (violino)
Adonhiran Reis (violino)
Gabriel Marin (viola)
Alceu Reis (violoncelo)



 ギンガとの共作が記憶に新しいCuarteto Carlos Gomesの新作は、ブラジルの3人の作曲家、Carlos Gomes、Alexandre Levy、Glauco Velásquezの作品集。ブラジルのロマン主義を追ったもので、それぞれ違う世代を生きた3人の曲を選んでいるのが面白い。それぞれの時代の特徴が曲に表れているが、全体的な統一感もあって、最後まで聴き入ってしまう。結成して4年しか経っていないということが信じられないほどの洗練された音と、中身がぎゅっと詰まった濃い内容となっている。彼らのこれからの作品にも注目したい!





月刊ラティーナ月刊ラティーナ2018年7月号掲載

(岩佐智子)


カートに入れる:

  • モデル: CDSS 010017


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.649 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.16076559597778