Renato Braz Japan 2019 東京公演

4,500円



オンラインでの受付は終了しました。店頭のみの販売となります。

Renato Braz Japan 2019 来日決定!
<8/7 文京シビックホール・小ホール>
2019年8月7日(水)
㈱アルファインテル創立40周年記念事業
へナート・ブラス ソロ・コンサート
2019年8月7日(水) 文京シビックホール 小ホール
開場 18:30 開演 19:30
チケット 前売4,500円 当日5,000円(全席指定)
東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター2階
東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅(5出入口)直結
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター連絡口)直結

Renato Braz(ヘナート・ブラス)プロフィール
ドラマーとして出発するが、その類まれなる声を認められモニカ・サウマーゾと共にエドワルド・グヂンの作品に歌手として抜擢される。1996年に1stアルバムを発表、優れた新人音楽家としてシャープ賞を受賞。以後、自分名義作品及び参加作品多数。ポール・ウィンターに招かれアメリカでも音楽活動を行う。ナイロール・プロヴェッタ(cl)、エヂソン・アルヴェス(g)と共に作り上げたジョアン・ジルベルト・トリビュート作品『シレンシオ』(2014年)は日本とブラジルの両方でリリース。最新アルバムは『カント・ゲヘイロ、レヴァンタードス・ド・シャオン』(2018年)。シコ・ブアルキ、ミルトン・ナシメント、ジルベルト・ジル、ミウシャ、ギンガなどブラジル音楽界の大物が多数参加。 本公演では、ギター弾き語りのスタイルでボサノヴァからMPB、南米の唄まで、選りすぐりの美しい楽曲をお届けいたします。

“ヘナート・ブラスの声は、ブラジルの奇跡だ!”
---ドリ・カイミ (音の魔術師と呼ばれる数多くの作品を世に送り出してきた偉大なるコンポーザー、編曲家)
"声の美しさは言うまでもないが、ヘナート・ブラスの最大の魅力は、ともすれば失われゆくブラジルの多様な原風景や風土性、そこで暮らす人々の営みを音楽というキャンバスに描き、後世に伝えていく姿勢。その背景には彼の心根の優しさがある。だからこそ彼の歌声は、言語や国境の壁を自然に越えて人々の心に訴えるのだと思う。”
---中原仁(J-WAVE「サウージ!サウダージ..」プロデューサー)

売り切れ

Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.489 - Number of Queries: 189 - Query Time: 0.074902332015991