ドラマチック・タンゴ「バンドネオンの匠」2017年2月3日(金)中野サンプラザ18:30 公演

6,500円

アルゼンチン・タンゴ界を代表する、今、もっとも重要なバンドネオン奏者、オラシオ・ロモ率いる「オラシオ・ロモ・セステート」初来日ツアー!
出演
オラシオ・ロモ・セステート(Horacio Romo Sexteto)
オラシオ・ロモ(リーダー&第1バンドネオン)
ウンベルト・リドルフィ(第1バイオリン)
マヌエル・キローガ(第2バイオリン)
ルシアーノ・シアレータ(第3バイオリン)
ダニエル・ファラスカ(コントラバス)
フルビオ・ヒラウド(ピアノ)

歌手
イネス・クエージョ

ダンサー
シルビア&ガスパル
ビクトリア&リカルド
アグスティーナ&ウーゴ
[2016年タンゴダンス世界選手権 ステージ部門優勝カップル]

会場
中野サンプラザ
〒164-0001 東京都中野区中野4−1−1
03-3388-1177

料金
S席6,500円(税込み)


2016年2月3日(金)18時30分 (開場は30分前)
座席:全席指定(座席指定はお電話でのみ対応可)

注意事項:電話受付時間11:00〜19:30
(第3、4、5土曜および日曜祝日は休み)
・問い合わせ:ラティーナ 03-5768-5588
・発送方法は金券のため佐川急便のみでの対応
 となりますのでご了承くださいませ。
・未就学児の入場は固くお断り致します。

オラシオ・ロモ・セステートとは……
タンゴファンにとっては新春の恒例音楽行事となっている民音タンゴシリーズ《ドラマチック・タンゴ》。マリアーノ・モーレス、エルネスト・バッファ、オラシオ・サルガンとタンゴ界の巨匠たちが相次いで亡くなってしまった、2016年。アルゼンチンタンゴを初めて世界へと広げていった立役者たちが静かにその舞台を降り、タンゴ界は深い悲しみに包まれた。しかしひとしきり泣いたところで、志を受け継ぐ者たちは立ち上がり、改めて舞台へと上がる。今度は自らがその匠の技で魅せるために。オラシオ・ロモは、わずか9歳でバンドネオンを始め、14歳でプロとしてステージに上がってからおよそ30年にわたり第一線で活躍し続けている。特に亡きホセ・リベルテーラの遺品であるバンドネオンを譲り受け、ルイス・スタソの後を引き継ぐ形で、現在まで指揮・第1バンドネオンを任されているセステート・マジョールはアルゼンチンで大きな活躍をしている。そんなオラシオ・ロモが選んだ理想のミュージシャン5名は多くがセステート・マジョールの面々と重なっており、その実力は太鼓判付きだ。 さらに歌手は、2016年アルゼンチン最高の音楽賞「ガルデル賞」にもノミネートされたイネス・クエージョ。その美しい容姿から発せられる歌声は、世界の舞台で観客を魅了してきた。艶やかな歌声が、演奏に華をそえる。

売り切れ

Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.405 - Number of Queries: 193 - Query Time: 0.07514987159729