LUIS CARO
PAIS SEMEJANTE
ルイス・カロ
パイス・セメハンテ

2,592円

録音年 2018年 Independente


曲目
Credit
Luis Caro - voz
Juan Miguel Carotenuto - batería
Juan Fermín Ferraris - piano, coros
Nicolás Pasetti - contrabajo




 故郷や亡命先である南米各地の歌の記憶を辿ることは、70年代からすでに活動するこの歌手の新たなライフワークとなりつつあるようで、本作も60〜70年代アルゼンチンのサンバ、チャカレーラ、バイレシートなどを取り上げる。前作に引き続きCribasのフアン・フェルミン・フェラリスがピアノとアレンジで参加し、エネルギッシュかつ透明感があるルイスの歌声を瑞々しいピアノで引き立て、シンプルな編成から豊潤な音の世界を引き出す。ギター無しでもドラムが弦楽器のラスゲアードまで再現してみせるなど、微細なニュアンスでフォルクローレの体験を記憶と新鮮さの内に喚起する演奏が見事。(笹倉暢之)


月刊ラティーナ2019年7月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: IND LC2019


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.532 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.077084229156495