BENJI KAPLAN & RITA FIGUEIREDO
BENJI & RITA
ベンジ・カプラン&ヒタ・フィゲイレド
ベンジ&ヒタ

2,592円

Independente


曲目
Credit
Rita Figueiredo - voz
Benji Kaplan - Composed, arranged and produced




ギンガに薫陶を受けたNY在住のキューバ人の血の混じったロシア系ユダヤ人ギタリスト、ベンジ・カプラン(Vo/Gt)の最新作は、パートナーであるヒタ・フィゲイレド(Vo)との連名作。近年のベンジの作品の流れを汲み、豊かな管弦楽アレンジも聴きどころ。

試聴はこちらから→https://www.benjiandrita.com/discography

01- São Francisco é brasileiro (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
02 - Piocerá (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
03 - Memorial Day (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
04 - Valsa da metrópole (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
05 - Zênite e Nadir (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
06 - Santa Efigênia (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
07 - Impetuosa atração (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
08 - Swing do jazz (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
09 - Cajubim (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
10 - Não armo no mocó (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
11 - Passatempo (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
12 - Bryant Park (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
13 - Lundu dos orixás (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)
14 - A moura do maracaxá (Benji Kaplan / Rita Figueiredo)

 ブラジル音楽に傾倒し、とりわけギンガに強い影響を受けているニューヨーク出身のシンガー/ギタリスト、ベンジ・カプランとサンパウロの女性シンガー・ソングライター、ヒタ・フィゲイレドのデュオ作。二人は夫婦でもある。カプランの繊細な器楽アレンジがまずは耳を惹く。2013年にソロ作もあるヒタはサンバ・ルーツも強く持つが、ここでの歌唱は演劇的で、ヨーロッパ的な香りもする。苦みのある歌声と不協和音を多用したアレンジの絡みにふと南米のダグマー・クラウゼという言葉が思い浮かんだ。ブルックリン録音で、ジャケからは想像できないほどの複雑な実験性に富む作品だ。(高橋健太郎)


月刊ラティーナ2019年7月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: BKRF2019


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.506 - Number of Queries: 198 - Query Time: 0.072396429718017