CONRADO PAULINO
A CANÇÃO BRASILEIRA
コンハード・パウリーノ
ア・カンサォン・ブラジレイラ

2,530円

INDEPENDENTE


曲目
Conrado Paulino - violão
Guest
Douglas Alonso - percussão



 アルゼンチン出身でありながら、音楽に魅せられ(当時の生まれ故郷の政治経済的状況も影響し)18歳という若さでブラジルに移り住み音楽家としてのキャリアを積んだギタリストのソロ作。ホーザ・パッソスやアライヂ・コスタなどの歌伴をつとめるベテランであるが、指導者としても活動し(シコ・セーザルなど著名なアーティストも彼の生徒として知られる)、デボラ・グルジェルらと組んだクアルテート名義以外の自作品の録音はソロとして2枚目。「ブラジルのうた」と題されたアルバムは、静かなギターソロ演奏による、自身が多大な影響を受けてきたアーティストたちの名曲集。(Lissa)





月刊ラティーナ2019年9月号掲載

売り切れ
  • モデル: CNRDPL 2019


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.967 - Number of Queries: 204 - Query Time: 0.072967700271607