ANTONIO CARLOS BIGONHA
ANATHEMA
アントニオ・カルロス・ビゴーニャ
アナテマ

2,376円

INDEPENDENTE

ブラジリア育ちの理論派ピアニスト

曲目
Credit
Antonio Carlos Bigonha - piano
Jorge Hélder - contrabaixo
Jurim Moreira - bateria

1.Aribu
2.Que Ironia
3.Anátema
4.Cabaré Alterosa
5.Hild Angel
6.Lullaby
7.Doce Manhattan
8.A Ilusão do Migrante
9.Paisagem da Memória
10.Caminho dos Búzios
11.O Fim de Tarde da Paixão
12.Mestre Danadinho



 ミナス州生まれブラジリア育ちの理論派ピアニストによる、04年の『アズレジャンド』10年の『ウルブペーバ』に続く3作目だが、1作目は音楽祭の勝者としての制作、2作目はドリ・カイミ主導。対して本作は全曲がビゴーニャのペンによるもので、完全に筆圧強めな1枚。ジョルジ・エルデル、ジュリン・モレイラと構成する鉄壁の三位一体が奏でる音像はしなやかで力強く、清廉で大胆。ニーマイヤーのイラストによるジャケットも相俟って、緻密さも奔放さも歌心も備えた天井の高いブラジリダーヂだ。中盤には19年度版『bar buenos aires』でも編まれた名曲も鎮座!(船津亮平)





月刊ラティーナ2019年8月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: ACB ANA


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.529 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.070044068069458