ITAMAR ASSIERE
AOS VIOLÕES
イタマール・アシエリ
アオス・ヴィオロンィス

2,530円  1,771円
割引: 30%OFF

BORANDÁ


曲目
1. Choros Nº 1 (Heitor Villa-Lobos)
2. Sinal dos Tempos (Garoto)
3. Sargaço Mar / Porto (Dorival Caymmi / Dori Caymmi)
4. Aperto de Mão (Dino Sete Cordas, Meira e Augusto Mesquita)
5. Jogral (Filó Machado, José Neto e Djavan)
6. Senhoras do Amazonas (João Bosco e Belchior)
7. Cine Baronesa (Guinga e Aldir Blanc)
8. Samba pro Luizão Maia (Cláudio Jorge)
9. Sucuri (Arthur Verocai)
10. Causa Perdida (Rosa Passos e Aldir Blanc)
11. Pilar (Toninho Horta)
12. Tempo de Futebol (Marco Pereira)

Credit
Itamar Assiere - piano, Rhodes
Kiko Freitas - bateria
Ney Conceição - baixo acústico, baixo elétrico
Guto Wirtti - baixo elétrico, baixo acústico
Guest
Cristovão Bastos - acordeom
Vitor Gonçalves - acordeom



 MPB黄金時代に活躍し日本にも深い縁のあった名ベーシスト、ルイザォン・マイアのバンドメンバーとして若い頃から研鑽を積み、今ではブラジル主要なピアニストの1人として活躍する鍵盤奏者の初リーダー作。20年代から現在までの、ブラジル音楽において最重要な楽器であるギターのために書かれた名曲をピアノで解釈する。ベースとドラムとトリオ編成で、ジャズ的でありつつ、ブラジルのアーティストたちが敬愛するベテラン鍵盤奏者のクリストーヴァオン・バストスやNYを拠点に活動する若手のヴィトール・ゴンサルヴェスなどゲストを迎えて、豊穣豊かなブラジルさ保った気持ちのいいインストアルバム。(Lissa)





月刊ラティーナ2019年9月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: BA0033


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.478 - Number of Queries: 194 - Query Time: 0.084121163726806