ANDRÉ MARQUES
RIO - SÃO PAULO
アンドレ・マルケス
リオ-サンパウロ

2,376円

BLAXTREAM


曲目
Credit
André Marques - piano
Beth Dau - voz
Eduardo Neves - sax tenor e flauta
Jota P - sax soprano e flauta
Márcio Bahia - bateria
Michael Pipoquinha - baixo
Guest
Joana Queiroz - clarinete e sax tenor
Renata Neves - violino



 エルメート・パスコアルのグループで来日を重ね、今やそのブレーンとしてお馴染みの静かなる男アンドレ・マルケス。監督したビッグ・バンド作でラテン・グラミーを獲得し、自作もここ5年で11作とノリにノッている彼のキャリア25周年を記念した新作は、2管1声をともなう六重奏でブラジル各地のリズムも散りばめた「普遍的音楽」を実践しつつ、ヴァイオリンを迎えた室内楽的な響きやスキャットが導く耽美的なメランコリア、神童ピポキーニャにイチベレ門下のジョアナ・ケイロスなど聴きどころ満載。表題曲をセステートやショーロ・ウニヴェルサル版と聴き比べるのも一興だ。(松澤正宏)


月刊ラティーナ2019年6月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: BXT0022


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.555 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.067935142501831