FERNÁNDEZ FIERRO
AHORA Y SIEMPRE
フェルナンデス・フィエロ
アオラ・イ・シエンプレ

2,484円

録音年 2017年 ブエノスアイレス録音 Independiente


曲目
1. Subrealidad
2. Otoño
3. Ahora y siempre
4. Infierno porteño
5. Astiya
6. 6:25
7. Comezón
8. Demolición
9. Brujos y científicos

Fernández Fierro
Bandoneones: El Ministro, Juan Manuel Barrios, Patricio Vázquez y Adrián Ruggiero
Violines: Alex Musatov, Julia Testa, Gustavo Vajsejtl y Juan Villegas Restrepo
Viola: Juan Carlos Pacini
Violoncello: Alfredo Zuccarell
i Piano: Santiago Bottiroli
Voz: Julieta Laso
Contrabajo y dirección: Yuri Venturin



 01年のデビュー以来、不安と混沌に溢れた今日のブエノスアイレスを表現すべく、ストイックかつパンキッシュな表現を磨いてきた彼ら。その根底にあるプグリエーセのスタイルが、強靭なリズムと甘美なメロディの交錯で成立していたとすれば、その強靭な部分だけを抽出して純粋培養した感じ。その方向性は09年の『プートス』あたりで顕著になり、ここにはスタジオ録音の前作『TICS』(12年)に1曲あったスローなミロンガすら姿を消した。ベースは同じノートで均一化したビートをひたすら刻み続け、ブレヒト=ワイルを歌うのが似合いそうな女性歌手はあえてタンゴっぽく歌わない。これぞオルタナティヴ。(斎藤充正)





月刊ラティーナ2019年3月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: IND FF2018


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.475 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.077759755416869