ITIBERE ZWARG & GRUPO
INTUITIVO
イチベレ・ズヴァルギ&グルーポ
イントゥイチーヴォ

2,160円

SESC


曲目
Ajurinã Zwarg - bateria e percussão
Mariana Zwarg - sax soprano e flauta
Carol d'Avila - sax alto e flauta
Sá Reston - baixo
Cacá Guifer - sax tenor e flauta|improvisos:Sá Reston baixo
Rafhael dos Santos - violão
Mariana Zwarg - flauta
など



 エルメートとの来日では二年連続ワークショップを開催し、昨年はユニバーサル・ミュージック・オーケストラとビッグバンド作を発表、御大の唱える「普遍的音楽」の普及に努めるイチベレ・ヅヴァルギの、今度は自身のグループでの新作。同じくSESCから発表されたエルメート・グループが自由でユーモアに溢れているのに対し、こちらはより高密度なディシプリンを感じさせるが、どちらもイチベレ&アジュリナン父子がグルーヴを牽引する、いわば酔拳と木人拳、剛柔一体で全てを包摂するのが「普遍的音楽」だ。目眩く展開やリズムの嵐に怯まず、この圧倒的な熱量を浴びてみよう。 (松澤正宏)





月刊ラティーナ2019年1月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: CDSS 011018


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.544 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.083007044509888