NICOLÁS OJEDA
MAYO
ニコラス・オヘダ
マジョ

2,200円

録音年 2017年 PAI


曲目
Nicolás Ojeda - contrabajo
Victoria Zotalis - voz
Sebastián Zanetto - rhodes, piano
Pedro Bulgakov - batería
Mauro Mourelos - trompeta, programaciones
Pablo Monteys - saxo soprano, saxo barítono
Nicolás Olivera - guitarra eléctrica, guitarra acústica
Guillermo Brutto - guitarra eléctrica


1.Intro
2.Mayo
3.Kernel Panic
4.Mindthe gap
5.Cordura Humana
6.La Búsqueda
7.Zamba para mí
8.Desplazado
9.El rock de Pipe
10.Epílogo (Kernel Panic .notsyncing)



 コントラバス・作曲家のNicolás Ojedaによる2ndアルバム”MAYO”。「1stアルバム(2013)から5年を経て自らを再構築したかった、カタルシスの様なもの。」と言うNicolás。音、曲の構成、曲順も含め全てが明確。ところどころノイズ(生活音、街のデモの様子等)を使用し、今のブエノスアイレスがダイレクトに伝わる。頑丈なテーマも随所に見られ、本人のソロはもちろん、ゲストミュージシャンのどこを中心に聴くかで見える世界が異なる。何よりも即興と曲の間に壁がなく、聴くたびに印象が変わる。これはJazzファンに限らず楽しめる1枚。現在構想中という次回のアルバムが待ち遠しい!(五十嵐あさか)





月刊ラティーナ2019年2月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: PAI 3307


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.522 - Number of Queries: 192 - Query Time: 0.12466298866272