RUBÍN LACRUZ HELER NIKITOFF
CAMBIANDO CORDAJE
ルビン・ラクルス・エレール・ニキトフ
カンビアンド・コルダへ

2,160円

録音年 2018年 CLUB DEL DISCO


曲目
MÚSICOS
Alfredo Rubín: guitarrón y voz
Adrián Lacruz: guitarra
Mariano Heler: guitarra
Leandro Nikitoff: guitarra
Invitados
Hernán Genovese: voz en 1
Eva Fiori: voz en 1
Chino Laborde: voz en 1
Noelia Moncada: voz en 1
Juan Villareal: voz en 3
Cecilia Pahl: voz en 11



 アルフレド・タぺ・ルビン率いるエクスペリメンタルなギターとギタロンの四重奏。チノ・ラボルデ、ノエリア・モンカーダ、フアン・ビジャレアルといった泣く子も黙る名タンゴ歌手をゲストに迎えながらも、古典タンゴとがっぷり組んだ正攻法のタンゴではない。むしろ焦点が当てられているのは場末やパンパの草原の音楽で、クレオールとしてのアイデンティティを探る意味もあるのだろう。ドゥオ・サルテーニョを思い起こすギターとボーカルの駆け引き 3. やシタローサ風アルペジオが顔を覗かす 6. 、ムルガを加えた 14. などバリエーションに富み、タンゴの新たなフロンティアを感じさせる。(宇戸裕紀)





月刊ラティーナ2018年12月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: CLUB 082


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.390 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.073362469818115