MIGUEL DE CARO CUARTETO
SAXO RIOPLATENSE
ミゲル・デ・カロ・クアルテート
サクソ・リオプラテンセ

2,376円

録音年 2017年 ブエノスアイレス録音 ACQUA


曲目
1 Buenos días ciudad / candombe - (M. De Caro- F. Lighezzolo)
2 Gricel / tango - (M. Mores-P. Contursi)
3 Chile y sarandí / tango- (M. De Caro-F.Liguezzolo)
4 Café 1930 / parte de la suite historia del tango (A. Piazzolla)
5 Milonga de atrás / milonga- (M. De Caro)
6 Contrasaxeando / tango- (M. De Caro)
7 Vuelvo al sur / tango- (A. Piazzolla )
8 Nieblas del Riachuelo / tango- (J.C. Cobián- E.Cadícamo)
9 Tango urbano -tango / (M. De Caro- F. Liguezzolo)
10 Dale maza / candombe- (F. Liguezzolo)

Fernando Lighezzolo - Piano
Daniel Sacco - Bajo
Ezequiel Quinteiro - Percusión
Miguel de Caro - Saxo tenor



 現代タンゴの源流を形成した巨匠フリオ・デ・カロの又甥に当たるミゲル・デ・カロは、タンゴとは縁遠かった楽器サクソフォンの奏者として、ジャズ的な手法も参照しつつ80年代半ばから独自のスタイルのタンゴに取り組んできたパイオニアである。(DVDも含め)6作目となる本作は、レギュラーの四重奏編成にこだわらず、ファクンド・ゲバラ(per)、マリアーノ・シグナ(bn)、マリサ・ウルタード(cb)などのゲスト参加により多彩な編成を実現している。冒頭と締めにカンドンベを配置し、弦楽アンサンブルをバックにしたピアソラ作を挿入するなど、アルバム構成が秀逸だ。 (鈴木一哉)





月刊ラティーナ2019年1月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: AQ 531


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.409 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.067364053909302