LUÍSA LACERDA E MIGUEL RABELLO
MEIA VOLTA
ルイーザ・ラセルダ & ミゲル・ハベーロ
メイア・ヴォルタ

2,268円

ACARI


曲目
Luísa Lacerda - voz , colo Miguel Rabello - voz , violão , colo lucas Gralato (Quarteto Geral) - violão Daniel Ganc (Quarteto Geral) - viola Tomaz Retz (Quarteto Geral) - Flauta e flautim Flora Milito - percussão Pedro Franco - baixo Rui Alvim - sax alto Aquiles Moraes - Flugelhorn Cristovão Bastos - piano など


 若き才能の双頭アルバムは、正統派が大好物ならまず間違いない1枚。艶やかだけど太過ぎず、透明感があるけど軽過ぎず、まるで楽器のように全音域にわたって均整のとれた声量を保つルイーザの歌唱力と表現力。そしてミゲルが体現するのは、サンバ〜モダン・ショーロまで、単なる歌伴奏の域を超えた緻密なアレンジ、ジャズやクラシックにも決して引けを取らないハベーロ家の高い芸術性…全編ミゲルのペンによるのも必然か。アカリの小品の中でブラジル最高レベルの歌と演奏が対峙している事実に、まるでナラとハファエルのデュオをテン年代に見るような衝撃と、清廉な感動に包まれてしまった。(船津亮平)





月刊ラティーナ2018年11月号掲載

売り切れ
  • モデル: AR 60


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.464 - Number of Queries: 205 - Query Time: 0.077011627685547