JULIÁN PLAZA
SERIE COMPOSITORES
フリアン・プラサ
セリエ・コンポシトーレス

2,200円

録音年 1957-93年 Buenos Aires Tango Club


曲目
1. Cuánta Angustia (M. Barros) - A. Gobbi / T. Lando
2. Sensiblero - E. M. Francini
3. Danzarín - E. M. Francini
4. Melancólico - A. Troilo
5. Nocuturna (M) - A. Troilo
6. Nostálgico - O. Pugliese
7. Morena - A. Troilo
8. Color Tango - A. Troilo
9. Disonante - Cuarteto Colangelo
10. Temperamental - Cuarteto Colangelo
11. Solemne - Cuarteto Colangelo
12. Payadora - Sexteto Mayor
13. Milontango - A. Troilo
14. Trasnoche - Sexteto Tango
15. Expresivo - O. Piro
16. Sentimental Buenos Aires - Sexteto Tango
17. Locos De Contento - J. Plaza
18. La Tregua - J. Plaza
19. Buenos Aires-Tokio - J. Plaza
20. Recordando A Pichuco - J. Plaza



 フリアン・プラサはピアソラ以降の重要な作曲家のひとり。過去の作品集といえば、今回も登場するコランジェロ四重奏団(73年)、プラサ自身の初リーダー作(93年)ぐらいだったので、こうしてまとめられると有難い。今回登場するうちゴビとプグリエーセを除く全楽団が録音している 3. はフランチーニ楽団の演奏で。プラサと言えば自らアレンジも手がけた 4. ほかのトロイロ、 6. のプグリエーセの両楽団の演奏がやはり際立つ。前述のコランジェロによる作品集からは今回 9. 10. 11. と知られざる3曲が選ばれているのが嬉しい。ピーロは今回 15. しか選ばれていないが、このうち半数の曲を取り上げていて相性はいい。(斎藤充正)


月刊ラティーナ2019年1月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: BATC 89322


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.583 - Number of Queries: 222 - Query Time: 0.076534429290772