TENSIÓN TANGO
MALDITA CABALLA
テンシオン・タンゴ
マルディータ・カバージャ

2,268円

録音年 2016年 ブエノスアイレス録音 Independiente


曲目
1. Maldita Caballa 2. Burocraciando 3. Alquitrán 4. Arremetida 5. Por la noche 6. Milonguita del 15 7. Hastiango 8. Rumbo 90 9. Escorado 10. Sincericidio

Eugenia Guzmán - Piano
Mauro Turone - Cello
Edison Russo - Violín
Joaquín Isla - Bandoneón
Lucas Pereira - Contrabajo



 モダン・タンゴを演奏する若い5人組のデビュー作で、曲を提供しているのは、中心メンバーとおぼしきチェロのマウロ・トゥローネ、6重奏だった2013年当時はグループでストラトキャスターを弾き、現在はギター4重奏、タンゴ・ディアブロのメンバーであるラミーロ・デ・マリーノ、そしてメンバーではないが特にトゥローネと共演歴が長いと思われるピアニスト/作編曲家のエリエル・ガルベリの3人。「醜悪な鯖」というタイトルとジャケ写以上に奇怪なヴィデオクリップが作られ、そのサウンドは「タンゴの緊張」という名の通り、底知れぬ不安と喧騒を現すようなヒリヒリした冷たい感覚に覆われている。


月刊ラティーナ2018年6月号掲載

(斎藤充正)


カートに入れる:

  • モデル: IND TT2018


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.425 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.075658096664429