GABRIEL VALVERDE Y GABO FERRO
ESE GRITO ES TODAVÍA UN GRITO DE AMOR
ガブリエル・バルベルデ・イ・ガボ・フェロ
エセ・グリート・エス・トダビア・ウン・グリート・デ・アモール

3,024円

録音年 2014年 ブエノスアイレス録音  UNTREF


曲目
CD: 
1. Introducción 2. Abismare 3. El ausente 4. Interludio I 5. El cuerpo del otro 6. El mundo atónito / inexpresable amor 7. Interludio II 8. La espera 9. Interludio III 10. La resonancia / La incertidumbre de los signos 11. Lo incognocible 

DVD 0. Presentación 1. Introducción 2. Abismare 3. El ausente 4. Interludio I 5. El cuerpo del otro 6. El mundo atónito / inexpresable amor 7. Interludio II 8. La espera 9. Interludio III 10. La resonancia / La incertidumbre de los signos 11. Lo incognocible 12. Bonus Track - Entrevistas. 

Interpretes
Gabo  Ferro, protagonista

Voces solistas:
Miguel Ángel Pérez - Barítono
Virginia Majorel - Soprano
Dirección Musical: Juan Carlos Tolosa
Escena y Dirección: Rubén Szuchmacher
Sobre textos de Roland Barthes (Fragmentos de un discurso amoroso)


 1957年生まれのガブリエル・バルベルデは、仏への留学を経て欧州の前衛主流に属する作風で活動する作曲家であり、アルゼンチンの現代音楽界で重要な位置を占める。本作は彼の集大成と言うべき室内オペラの2014年の初演を収めたDVD&CDだ。リブレットはロラン・バルト『恋愛のディスクール・断章』の西語訳に基づき作曲家自身が制作している。男性の主人公1人が舞台前面のセットで演技・歌唱するモノドラマ形態をとるが、後景に配置されたアンサンブル内にもソプラノ、バリトンの声を含め、ライヴ・エレクトロニクスも駆使して、多層的な音空間を静寂の中に現出する。


月刊ラティーナ2018年6月号掲載

(鈴木一哉)


カートに入れる:

  • モデル: UNITREFON 21


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.499 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.088015783203125