GUSTAVO GALO
SOL
グスターヴォ・ガロ
ソル

2,592円

INDEPENDENTE


曲目
1. Até de manhã (gustavo galo)  2. Tenra terra (gustavo galo/ iara rennó/ gustavo cabelo)  3. Um barato (gustavo galo/ júlia rocha) 4. Pra te tocar (gustavo galo/ marcelo segreto)  5. Que mal tem? (gustavo galo)  6. Grafitesão (gustavo galo)  7. Ah se não fosse o amor (josé paes de lira/ dan maia)  8. Para pegar (luís capucho) 9. Salto no escuro (jorge mautner/ nelson jacobina)  10. Um sol (gustavo galo)

Pedro Gongom - bateria / percução Gustavo Ruiz - baixo synth / guitarras Tomás Oliveira - rhodes Gustavo Galo - voz / synth  など


 2010年代のサンパウロのインディーシーンの中で、前衛ポップとして異彩を放ち続けるグループであるTrupe Chá de Boldo。そのフロントマンであり作家であるグスターヴォ・ガロのソロ2作目は、前作に続きサンパウロの若き重要プロデューサーのグスターヴォ・ルイスがプロデュースし、鉄壁の布陣が参加する。1作目『ASA』は多くの独立系メディアで高評価を得て、期待される中発表された本作がようやく入荷した。本作でもグスターヴォ・ガロはその異端の作家性を発揮し、トン・ゼーと「+2」と詩人ヴァリー・サロマォンが出会ったような文学的前衛ポップロックで、サンパウロの今を聴かせる。





月刊ラティーナ2018年6月号掲載

(花田勝暁)


カートに入れる:

  • モデル: GG SOL


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.385 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.065015452087402