TITANE
TITANE CANTA ELOMAR
チターニ
チターニ・カンタ・エロマール

2,592円

INDEPENDENTE

ミナス新世代の天才クリストフ・シルヴァがプロデュースした逸品

曲目
1. Corban  2. Acalanto  3. Na Estrada das Areias de Ouro  4. O Violeiro  5. Chula no Terreiro  6. Segundo Pidido  7. Clariô  8. Cavaleiro do São Joaquim  9. Cantiga do Estradar  10. Na quadrada das águas perdidas

Credit
Titane - voz
Hudson Lacerda - violão
Toninho Feragutti - acordeon
André Siqueira - violão de 14 cordas
Aloízo Horta - contrabaixo
Kristoff Silva - marimba de porcelanato など
Guest Pereira Da viola


 バイーア州内陸部生まれで、70〜80年代にSSWとして、また「Cantoria」での活動を通じ、人々の心に残る歌を残したエロマール(現在は隠遁生活)。彼は「ぼくにファンはいなけれど“共犯者”はいる」といつも言っていた。この曲集で共犯者になるのは、ミナスの実力派女性歌手のチターニと、ミナス新世代の天才クリストフ・シルヴァ(プロデュース)。彼の曲の持つ内陸部を感じさせる「力強さ」と、彼女の「繊細な歌声」の出会いは、クリストフが生み出す真摯でシンプルなアンサンブルの上で、美しく芸術的な歌として見事に結実した。同じく「内陸部」がテーマのモニカの『CAIPIRA』と比較して聴きたい逸品。





月刊ラティーナ2018年5月号掲載

(花田勝暁)


カートに入れる:

  • モデル: TITANE 2018


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.386 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.062760570144654