ANDRÉ MARQUES SEXTETO
DIVERCIDADES
アンドレ・マルキス・セステート
ヂヴェルシダヂス

2,376円

INDEPENDENTE

現在のエルメートのブレーン的な存在でもある凄腕ピアニスト/編曲家、アンドレ・マルケスの最新作
2017年に続きHermeto Pascoalバンドとして2018年5月に再来日!

曲目
1. Folia de reis (entrada)  2. Partindo de Sorocaba  3. Piracicaba  4. Apresentação  5. Um voo sobre Floripa  6. Gauchaca  7. Boizinho em Sao Luis  8. Prelúdio para sexteto de percussão  9. Manhã no Recife  10. Rio-São Paulo  11. Folia de reis (saída)
André Marques – piano, flauta , percussão e escaleta
Marcel Bottaro – contrabaixo e percussão
Fúlvio Moraes – bateria e percussão
Guilherme Fanti – guitarra, , percussão, violão e viola caipira
Fábio Oliva – trombone e percussão
Diego Garbin – trompete, flugelhorn e percussão



 タイトルの『DiverCidades』は「diversidade(多様性)」と「cidade(街)」を引っ掛けた造語で「多様な街」という意味合いになるだろうか。本作のコンセプトは「リスナーに音楽を通してブラジル中の街や地方を旅して、様々な音楽文化を体験してもらうこと」──エルメート・パスコアル・グループのピアニストで、現在のエルメートのブレーン的な存在でもある凄腕ピアニスト/編曲家、アンドレ・マルケスの最新作は自身が率いてきたセステートの新作(3作目)。リーダー・プロジェクトとして、ソロ、トリオ(クルピーラ)、ビッグ・バンド(ヴィンテーナ・ブラジレイラ)という編成も柔軟にこなすアンドレにとって、セステートは同世代の手腕たちとアンサンブルを楽しみ、その可能性を深める実験の場であろう。多様な曲をブラジルらしい豊穣なアンサンブルで奏でるアンドレたちとの音楽の旅は幸福感さえ感じてしまう。





月刊ラティーナ2018年3月号掲載

(花田勝暁)


カートに入れる:

  • モデル: IND AM005


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.505 - Number of Queries: 198 - Query Time: 0.077796090682983