EMILIANO CASTIGNOLA
CABARET
エミリアーノ・カスティグノーラ
カバレー

2,376円

Acqua


曲目
1. Y A MI QUÉ (Anibal Troilo-Catulo Castillo) 2. PERO YO SE (Azucena Maizani) 3. ESTA NOCHE ME EMBORRACHO (Enrique Santos Discepolo) 4. MILONGUITA (Enrique Delfino-Samuel Linnig) 5. PUCHERITO DE GALLINA (Roberto Medina) 6. DESTELLOS (Francisco Canaro-Juan Andres Caruso) 7. MUÑECA BRAVA (Enrique Cadicamo-Luis Visca) 8. EL CABARET ES MI LUGAR (Gustavo Castignola) 9. MUCHACHITA DE BARRIO (Jorge Caldara-MarioSoto) 10. MANO BLANCA (Homero Manzi-De Bassi) 11. DE LA COLONIA (Gustavo Castignola) 12. ESTANCIA SAN JOSE (Alberto Merlo Ibarguengoitia)


ラミロ・ガージョ楽団に抜擢されるなど要注目の若手男性歌手の初アルバム。甘い声質が魅力で、旋律線をしっかり聴かせつつ、そこに明晰な発語で歌詞を載せていく。彼が客演している国立フアン・デ・ディオス・フィリベルト・アルゼンチン音楽オーケストラからオラシオ・ロモらトップ奏者を選抜してオスカル・デ・エリアがピアノ・編曲・指揮を担当した伴奏もタンゴ性を湛えた良質なセンスに溢れる。 5. は五重奏団ラ・グレラ、 7. はC・コラーレス指揮による豪華な布陣の伴奏。 2. はトランペットで「ビダ・ミーア」を引用してフレセドとガレスピー(同曲を録音)に捧げる凝った趣向。





月刊ラティーナ2018年4月号掲載

(鈴木一哉)


カートに入れる:

  • モデル: AQ 512


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.449 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.078227090881348