DON OLIMPIO
DUEÑO NO TENGO
ドン・オリンピオ
ドゥエニョ・ノ・テンゴ

2,484円

録音年 2017年 ブエノスアイレス録音 Independiente

ナディア・ラルチェルの2017年3作目はアンドレス・ピラール、フアン・パブロ・ディ・レオーネやサンティアゴ・セグレなど凄腕揃いのアンサンブル

曲目
1. Dueño no tengo (anónimo / recop. Leda Valladares) 2. Viditilla (anónimo / recop. Leda Valladares) 3. Adiós pueblito de Iruya (anónimo / recop. Leda Valladares) 4. Ay paloma (Félix Dardo Palorma) 5. Por seguir (Raúl Carnota / Carlos Marrodán) 6. Rodar la voz (Juan Falú / Andrés Pilar) 7. De allá (Polo Giménez) 8. Maldita huella (Carlos Moscardini) 9. Arbolito del querer (Coqui Ortiz / Aledo Meloni) 10. Vidala de la copla (Chango Rodríguez) 11. Tan alta que está la luna (anónimo / recop. Leda Valladares)

Don Olimpio:
Nadia Larcher / voz
Juampi Di Leone / flauta, flauta en sol (1, 5, 6) y voz (3, 11)
Federico Randazzo / clarinete
Santiago Segret / bandoneón, voz (3, 10, 11)
Juan Manuel Colombo / guitarra
Leonardo Andersen / guitarra
Diego Amerise / contrabajo
Agustín Lumerman / percusión
Andrés Pilar / piano



 アルゼンチン民俗音楽の研究者であり音楽家でもあるレダ・バジャダーレスの編纂した作者不詳の曲をはじめとするフォルクローレを、フルート、クラリネット、バンドネオンなどを交えた九人編成のアンサンブルで美しく聴かせる。ヴォーカルのナディア・ラルチェルが朗々と、また切々とした声で主旋律を歌い、脇を固めるメンバーにはフルートのフアン・パブロ・ディ・レオーネ、バンドネオンのサンティアゴ・セグレといった名手を配している。全編を通して歌を主軸に据えているが、各楽器の歌の引き立て方が多彩。基本的な役割分担はあるが、どの楽器もそれに留まらずハーモニーに対旋律にと目まぐるしく姿を変え、様々な形で歌に寄り添っていく。それは緻密に構成された会話劇のようでもあると感じた。全体を通して物悲しい雰囲気が漂うが、ところどころに光が差し込む場面が聴く者に希望を与えてくれる。





月刊ラティーナ2018年2月号掲載

(杉本 亮 )


カートに入れる:

  • モデル: IND DO2017


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.433 - Number of Queries: 193 - Query Time: 0.072302921661377