ORQUESTA ARGENTINA DE CHARANGOS
CON CUERDAS
オルケスタ・アルヘンティーナ・デ・チャランゴス
コン・クエルダス

2,592円

録音年 2016年 ブエノスアイレス録音 Independiente

チャランゴのみのオーケストラによるアルバム。ゲストヴォーカルにナディア・ラルチェル、ブルーノ・アリアス参加。

曲目
1. El Humahuaqueño / El Quebradeño 2. Agarrado 3. Subo 4. Chacarera 5. Chuquisaqueñita 6. La danza de los Mirlos / Pídeme la luna 7. Ojito de agua 8. Guanuqueando 9. Algarrobo Algarrobal 10. De solo estar 11. Llegan los charangos 12. Libertango


 これは意欲作。アンデスの小型弦楽器「チャランゴ」の奏者からなるオーケストラのアルバムだ。ハイメ・トーレスに代表される「アルゼンチンのチャランゴ」は、ボリビア、ペルーとはまた違う形で発展した一流派、三大チャランゴ潮流の一つ。リーダーは名手、ロランド・ゴールドマン。初っ端のカルナバリートのメドレーから、その可憐な響きに感嘆すると同時に、あ、これはボリビアのチャランゴの開祖、マウロ・ヌニェス(ハイメの先生)へのオマージュだな、確信した。もともとロランドもマウロのレパートリーは得意中の得意。往年のフォルクローレファンには感涙の懐かしの曲の泉、と思いきや、最後はピアソラのリベルタンゴ。ギターや歌といったゲストも良し。素朴なテーマなのに、仕上がりは極めて可憐で音楽的。フォルクローレファンのみならず、ペンギンカフェなどアコースティックミュージックファンにもオススメしたい。


月刊ラティーナ2018年1月号掲載

(Saigenji )


売り切れ
  • モデル: IND OADC2017


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.420 - Number of Queries: 195 - Query Time: 0.065956619522095