SERGIO ZABALA
TONADAS
セルヒオ・サバラ
トナーダス

2,052円

録音年 2017年 アルゼンチン録音 Independiente

アルゼンチンのフォルクローレの繊細さや美しさが表出したラ・エンディハ・クアルテート、その中心人物であるセルヒオ・サバラのソロ作

曲目
1. Huella 2. Nada más que una tonada 3. Todo vive en Concarán 4. La enredadera y el ceibo 5. A San Juan 6. Jazmín otoñal 7. Deseos de tonadas 8. Me falta el aire 9. Luz de pueblo 10. Con luces y mucho más 11. Espejos 12. La torta frita 13. Si acaso esta canción 14. Despedida


 アコースティック・ギターの名手が集って結成されたラ・エンディハ・クアルテートは、アルゼンチンのフォルクローレの繊細さや美しさが表出したグループだが、その中心人物であるセルヒオ・サバラのソロ作が届いた。これが期待以上の良質なシンガー・ソングライター作品となっている。まずは冒頭の「Huella」を聴いていただきたい。柔らかな陽光を思わせるギターの爪弾きに乗せて、キリッとフックの効いたメロディをソフトに歌い上げていく。フレットレス・ベースやコーラスを効果的に取り入れたアレンジもさりげなくて好感が持てるし、この感覚は全編を貫き、とにかく心地良い世界が広がっているのだ。アカ・セカ・トリオのメンバーやフアン・ファルーなどがゲストに参加しているのも目に付くが、本領はセルヒオの歌とギター。カルロス・アギーレなどにも通じる極上のコンテンポラリー・フォルクローレを堪能してもらいたい。





月刊ラティーナ2018年1月号掲載

(栗本 斉)


売り切れ
  • モデル: IND SZ 0001


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.437 - Number of Queries: 215 - Query Time: 0.079079971313477