MARTÍN LÓPEZ GRANDE GRUPO
MANIFIESTO
マルティン・ロペス・グランデ・グルーポ
マニフィエスト

2,592円

録音年 2012年 ブエノスアイレス録音 PAI

ドラマーのリーダークインテットによるジャズアルバム。ミックス・マスタリングはニューヨーク

曲目
1. Bohemia 2. Los Fantasmas 3. Handwritten Letter 4. El Búho 5. Barbarie 6. Presentes 7. Nueve Vidas

Martín López Grande - Batería
Rodrigo Agudelo - Guitarra
Alan Zimmerman - Rhodes
Juani Mendez - Saxo tenor
Leonel Cejas - Contrabajo

Invidato:
Sergio Wagner - Trompeta en track 3


リーダーは1984年アルゼンチン生まれのドラマー。母国の音楽大学卒業後、00年代前半にNYに留学しジム・ブラックなどに師事している。本作は2012年にブエノスアイレスの仲間と作った全編オリジナルのデビューアルバム。編成や楽曲は現代ジャズの古典の一つ、クリス・チーク『Vine』(2000年)を下敷きにし、よりアンサンブルやグループ・サウンドを追求した仕上がり。ギターとフェンダーローズの幻想的なテクスチャや、決して咆哮しないなめらかな音色のテナーサックスによって、浮遊感のあるサウンドが立ちのぼる。2000年前後のNYで確立したジャズの新技法は、今やリゾーム状に世界各地に広がりそこで新たな才能を続々と開花させている。そういった意味で本作は、カート・ローゼンウィンケル『Caipi』の参加で脚光を浴びたブラジルのペドロ・マルチンスとも比較できる作品だ。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(北澤)


カートに入れる:

  • モデル: PAI 3205


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.527 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.076494037445068