BELÉN SENDOT
POR SEGUIR
ベレン・センドット
ポル・セギール

2,592円

録音年 2016年 ブエノスアイレス録音 Independiente

古典から現代までを歌い継ぐフォルクローレ作品

曲目
1. Por Seguir (Raúl Carnota) 2. Camino a Chuquis (Luis Chazarreta) 3. Maricón (Juan Quintero) 4. Zamba del Laurel (Cuchi Leguizamón) 5. Las Golondrinas (Eduardo Falú y Jaime Dávalos) 6. La Sixto Violín (Raúl Carnota) 7. Se Hace Canción (Belén Sendot) 8. Zamba de Mancha y Papel (Carlos Aguirre) 9. La Amorosa Palomita (Gonzalo Hermosa) 10. Resolana (Eduardo Falú) 11. Remolinos (Manuel Tejón) 12. Luna de Guitian (Nestor Soria y Raúl Carnota) 13. Coplas al Agua (Juan Quintero) 14. Candombe Bailador (Daniel Maza y María Volonté)
Participan
Ignacio Eguía, Lorena Astudillo, Juan Ignacio Sicardi, Gustavo Ecclesia, Manu Sija, Micaela Chauque, Laura Luz de Iudicibus, Natalia Calfayan, Nahuel Villegas, Ignacio Candileri, Milagros Sendot, Lucía Quinteros, Pedro Bargiela.


 王道、それともクラシックス。いろんな表現があるだろうが、正統派のコンテンポラリー・フォルクローレといっていいだろう。ベレン・センドーはブエノスアイレス出身のシンガーで、これがデビュー作。クチ・レギサモンやエドゥアルド・ファルーといったフォルクローレの定番曲をメインに、近年のソングライターにも焦点を当てているのが興味深い。例えば、アカ・セカ・トリオの「コプラス・アル・アグア」を原曲の深淵なイメージを壊さず、ストリングスを配してノーブルな雰囲気にまとめていたり、カルロス・アギーレの「サンバ・デ・マンチャ・イ・パペル」をロレーナ・アストゥディージョとしっとりデュエットしているのも秀逸。けっして大きな驚きはないが、時代にとらわれずじっくりと長く聴き続けられそう。なお、彼女は画家としての才能を活かして本作やロレーナの新作のジャケットを手がけており、そちらも要注目だ。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(栗本 斉)


カートに入れる:

  • モデル: IND BS2017


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.491 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.077170508407593