GABRIEL DATA & ALEJANDRO TEJEDA
LOS TANGOS Y LOS DÍAS
ガブリエル・ダタ&アレハンドロ・テへーダ
ロス・タンゴス・イ・ロス・ディアス

2,592円

録音年 1997年 ロサリオ録音 BlueArt

1997年に録音され20年後に日の目を見たタンゴ作品

曲目
1. A Don Agustín Bardi 2. Milonga de mis amores 3. La última curda 4. Pedacito de cielo 5. Nunca tuvo novio 6. Garúa 7. Melancólico 8. Palomita blanca 9. El choclo 10. Nocturna 11. Tinta Roja

Gabriel Data - Guitarra
Alejandro Tejada - Piano


 ガブリエル・ダタ(ギター)とアレハンドロ・テヘーダ(ピアノ)のデュオによるタンゴ名曲集。2人ともロサリオ出身で、これが最初のアルバムだが、実は新録音ではない。1989年から活動を始め、1997年にこの音源を録音したが、世に出す機会を失い、20年後幸運にも残っていたコピーを使って今回CD化が実現した。ガブリエルは「我々が活動をやめた途端、たくさんの若い演奏家がロサリオでタンゴを演奏し始めた」と語っているが、事実2人が活動した時期はタンゴが新たな盛りあがりを見せる前の過渡期で、デュオになったのも、当時若手のバンドネオン奏者がロサリオにいなかったためらしい。いくぶん録音の古さは感じられるが、じっくり2人で対話するように作りあげたというアレンジは、奇をてらうことなく、繊細で適度に洗練され古さを感じさせない。ブエノスアイレス出身でないことがサウンドにうまく反映されている。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(西村秀人)


カートに入れる:

  • モデル: BARCD 180


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.451 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.075423004318238