NATALIA PELLEGRINET
PLUMA
ナタリア・ペレグリネット
プルーマ

2,484円

録音年 2016-17年 サンタフェ録音 Independiente

Nicolás Ibarburuらも参加する女性シンガーソングライターの1st

曲目
1. De nuevo 2. Demasiada luz 3. Burbuja 4. Suena 5. Dos 6. Hay 7. La ventana 8. Tu nombre 9. Vas 10. Las estaciones

Todas las canciones compuestas y escritas por Natalia Pellegrinet.

Natalia Pellegrinet/ voz, guitarra eléctrica, coros.
Fernando Abratte/ bajo.
Matías Bainotti/ batería.
Nacho Esbó/ guitarra eléctrica y coros.
Nicolás Mu Sánchez/ guitarra eléctrica, guitarra acústica y coros.
Lucas Bianco/ bajo (1,2,5,8)
Nicolás Méndez/ batería acústica (1,2,5,8) y batería electrónica (6,8,10)
Candela Hernández/ coros (3,10)
Hernán Castagno/ batería (9)
Daniel Pellegrinet/ voz (4)
Nicolás Ibarburu/ guitarra eléctrica (3)



 カラッとしたギターサウンドが心地いい今作は、サンタフェ在住のシンガーソングライター、ナタリア・ペレグリネットのソロ1stアルバム。軽やかなオルタナ調のロックにブルース感をほどよく織り交ぜ、爽やかな歌声を聴かせている彼女だが、フィト・パエスのギタリストとしても知られるSSWのゴンサロ・アローラスのバンド、Mumenkoでギタリストとしてレコードデビューし、その後ブラジルのグラストン・ガリッツァのアルゼンチンツアーに歌手として参加。その際にカルロス・アギーレとも共演するという一筋縄ではいかないキャリアの持ち主だ(ちなみに今作のブックレットではクチ・レギサモンの言葉も引用している)。またヒップホップ以降の現代ジャズ的ドラミングを探求するニコラス・メンデスの参加も隠し味として効いており、今作をただのギターロック/インディーロックで終わらせていない。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(宮本剛志)


カートに入れる:

  • モデル: IND NP2017


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.767 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.12845630477905