ALBANA INDIVIDRUM
ESENCIA
アルバナ・インディビドルム
エセンシア

2,376円

毎年ドス・オリエンタレスとともに来日を果たすアルバナ・バロカスのファーストアルバムがリリース。ゲストに夫でもあるウーゴ・ファットルーソ。故オスバルド・ファットルーソとの幻の録音も。

曲目
1. CASI
2. CANTIGA
3. PASADO
4. 24 MINUTOS
5. BLUE SAKURA
6. TRIBAL
7. SACLOV
8. 2 DE ENERO


 最近のウーゴ・ファトルーソの来日ステージに足を運んだ人なら、この“インディビドラム”ことアルバナ・バロッカスはご存知だろう。笑顔の可愛い打楽器奏者はモンテビデオ生まれ。2013年からウーゴの来日公演に帯同し、ドス・オリエンタレスのステージではゲストとしてマエストロ2人の演奏にも参加する。カンドンベの太鼓はもちろん、ウルグアイ人には珍しくブラジルのパーカッションにも習熟しているが、リーダー作はエクスペリメンタルな曲調が多く、この作品も同じ傾向にある。2,5,6,7,8には公私ともにパートナーのウーゴが参加。4は16分超えの長い曲だが一貫してドラムを叩き続け、様々な楽器やサウンドを即興的に重ねている。3だけは2000年録音とクレジットされているので16歳の時に作ったものか。5は「越後獅子」の琴をサンプリングしてリズムトラックに乗せている。出来れば大音量で聴きたい作品だ。





月刊ラティーナ2017年3月号掲載

(ケペル木村)


売り切れ
  • モデル: PA 66882


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.525 - Number of Queries: 220 - Query Time: 0.082317469146729