MAURICIO DAWID
SONORA
マウリシオ・ダウィッド
ソノラ

2,376円

録音年 2012年 ブエノスアイレス録音 KUAI MUSIC


曲目
1. Espejos de Sonora 07:50
2. Ladrón de Patos 07:04
3. Enero 04:50
4. Colina Arriba 06:47
5. Lado 1 00:24
6. Peace 08:42
7. Hip Chong 06:23
8. Lado 2 00:21
9. Cisne 05:38
Federico Lazzarini: trumpet
Misael Parola: alto sax
Tomás Fares: piano Blüthner Model Nr. 2
Mauricio Dawid: bass
Fran Cossavella: drums
Recorded on November 2012 at Fort Studios, Buenos Aires
Mixed at Bacqué Recording Engineering, NYC
Mastered by Katsuhiko Naito at Avatar Studios, NYC
Recording Engineer: Luis Bacqué
Cover Art: Inés Fraschina & Mariela Díaz
The Blüthner Model Nr. 2 piano was kindly borrowed y Cecilia Cibert. // info@bluthner.net
All compositions by Mauricio Dawid except Peace and Cisne,
composed by Ornette Coleman and Luis Alberto Spinetta
respectively.
Produced by Mauricio Dawid.



 ブルーノ・デルッキなどをリリースする現在のアルゼンチンで最も先鋭的なジャズレーベルKUAI。そのレーベルオーナーであり自身もエルネスト・ホドス・トリオの一員などで活動するベーシストがマウリシオ・ダウィ(1985年生まれ)だ。ヘロニモ・カルモナらに師事した彼は、一時期北米に居を移しヴィジェイ・アイヤー、ハリッシュ・ラグハヴァンにも教えを受けている。そんな感性を持った彼のアルバムに参加しているメンバーはメリーナ・モギレフスキーの2ndで実質的な音楽監督を務めることになるトマス・ファレス[pf.]、ソロ作も発表している俊英フラン・コッサベージャ[dr.]という録音当時22、3歳の若手にサックスとトランペットの2管が加わった5人編成。全曲マウリシオの筆による作品だが、 6. はオーネット・コールマン、 9. はスピネッタ作。ヴィジェイ的な志向が色濃く表れた 7. が特に素晴らしい。 ブルーノ・デルッキなどをリリースする現在のアルゼンチンで最も先鋭的なジャズレーベルKUAI。そのレーベルオーナーであり自身もエルネスト・ホドス・トリオの一員などで活動するベーシストがマウリシオ・ダビ(1985年生まれ)だ。ヘロニモ・カルモナらに師事した彼は、一時期北米に居を移しヴィジェイ・アイヤー、ハリッシュ・ラグハヴァンにも教えを受けている。そんな感性を持った彼のアルバムに参加しているメンバーはメリーナ・モギレフスキーの2ndで実質的な音楽監督を務めることになるトマス・ファレス[pf.]、ソロ作も発表している俊英フラン・コッサベージャ[dr.]という録音当時22、3歳の若手にサックスとトランペットの2管が加わった5人編成。全曲マウリシオの筆による作品だが、 6. はオーネット・コールマン、 9. はスピネッタ作。ヴィジェイ的な志向が色濃く表れた 7. が特に素晴らしい。





月刊ラティーナ2017年5月号掲載

(宮本剛志)


カートに入れる:

  • モデル: KUAI MD001


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.482 - Number of Queries: 188 - Query Time: 0.066898595382691