TARGINO GONDIM
CHORANDO MAIS EU
タルジノ・ゴンヂン
ショランド・マイス・エウ

2,640円

INDEPENDENTE

本作の蛇腹の響きは、フォホーそしてブラジル音楽の未来を占うものとして楽しみたい

曲目
1. Princesinha no choro  2. Lamento sertanejo (part. Quinteto Sanfônico da Bahia)   3. Adios nonino (part. Hector Del Curto)  4. João e Maria  5. Um pé no asfalto, outro na buraqueira (part. Oswaldinho do Acordeon)  6. Mercedita (part. Renato Borghetti)  7. Subindo ao céu  8. Libertango (part. Beto Hortiz)  9. Delicado  10. Wave (part. Cezzinha)  11. Um xote pra Neném  12. Salve, Dominguinhos (part. Tadeu Gouveia)  13. Sanfona dourada (part. Gel Barbosa)


 タルジーノ・ゴンヂンと言えば、何よりもまず2000年の『エウ、トゥ、エリス』で有名な「エスペランド・ナ・ジャネーラ」の作者。時を経て、テン年代半ばの今、ゴンザガゥン~ドミンギーニョスに続く正統派フォホーの衣鉢を継ぐ者としてブラジル中から一目置かれる存在だろう。本作はキャリア25作目、43歳の若きベテランの新境地と言っても良い作品で、ショーロ~アルゼンチンタンゴ~ボサノヴァ~MPBからの選曲だ。自身が舵を取る 2. に参加のキンテート・サンフォニカ・ダ・バイーアでのいわゆる“B面”での活動が創作の幅を広げたのは想像に難くない。ブラジルが世界の縮図だとしたら、北東部はブラジルの縮図。かの国の人にとってサンフォーナは最も身近な楽器の一つだし、ジルもミルトンも初めて触った楽器はサンフォーナだった。本作の蛇腹の響きは、フォホーそしてブラジル音楽の未来を占うものとして大仰に楽しみたい。





月刊ラティーナ2016年4月号掲載

(船津亮平)


カートに入れる:

  • モデル: IND TGCME001


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.512 - Number of Queries: 222 - Query Time: 0.092667688476562