JULIO DE CARO,EDGARDO DONATO
LOS MEJORES INSTRUMENTALES
フリオ・デカロ=ドナート
メホーレスインストゥルメンタレス

2,530円

録音年 1949-1956年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
●曲目 1. Troilo (Julio De Caro) 2. El Monito (Julio De Caro) 3. Mala Junta (Julio De Caro - Pedro Laurenz) 4. Chiclana (Julio De Caro) 5. Boedo (Julio De Caro) 6. El Arranque (Julio De Caro) 7. Recuerdo (Osvaldo Pugliese - Eduardo Moreno) 8. Flores Negras (Julio y Francisco De Caro) 9. Tierra Querida (Julio De Caro) 10. Derecho Viejo (Eduardo Arolas) 11. Jorge Duval (Alfredo De Angellis) 12. Julián (Edgardo Donato – José Luis Panizza) 13. Cartón Ligador (E. Donato - R. Fontaina – V. Soliño 14. VPara qué (Armando Tagini - Osvaldo Borroni) 15. Sábado Inglés (Juan Maglio “Pacho”) 16. El pollito (Francisco Canaro) 17. Fuegos artificiales (Roberto Firpo - Eduardo Arolas) 18. Sencillo pero vistoso (Orlando Calauti) 19. El chupete (Ricardo Gaudencio) 20. Manantial (Luis Pereyra)


 フリオ・デ・カロの最後期(1949~53年)とエドガルド・ドナートの後期(1950~56年)の録音から器楽演奏をそれぞれ10曲づつ選んで組み合わせた編集盤。時代は大体同じだがスタイルはだいぶ違うので、あまり意図のある組あわせではなさそうだ。デ・カロの10曲は30年に渡る演奏活動の最後を飾る名演群。後輩トロイロに捧げた 1. 、何度も録音してきた 3. 5. 9. 10. などが大編成ティピカで演奏される。充分な余力を残しつつも、人気の低下を理由に、 10. の録音を最後として引退したフリオ・デ・カロの最後の名演である。最後の一方ドナートは兄弟たちが楽団を去った後でスタイルが変わり、1950年代のごく標準的なスタイル。しかしこの時期の録音がまとまってCD復刻されたのは1度だけなので、コレクターにはありがたいかも。自作 2. 3. の2曲で、古典タンゴは 15. 16. 19. とあり、当時メンバーだったカラウティ作 18. 、ぺレイラ作 20. の作品にはモダンな味わいもただよう。


月刊ラティーナ2015年8月号掲載

(西村秀人)


カートに入れる:

  • モデル: BATC89178


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.494 - Number of Queries: 222 - Query Time: 0.07971667350769