【ラテンビート映画祭『ベルカント』スペシャル上映イベント 無料ご招待プレゼント!】

今日から来週末にかけて、新宿で「ラテンビート映画祭」が開催中です。
10月13日(金)に在ペルー日本大使公邸占拠事件をヒントに書かれた小説が原作のオペラを映像化した、映画『ベルカント』が特別ご招待上映されます!

映画『ベルカント』特別ご招待上映
日時:10月13日(金)18:30 〜 21:45 終了予定
(上映時間180分 / 途中10分間の休憩を挟みます)
場所:新宿バルト9
(JR新宿駅南口より徒歩5分
/東京メトロ・都営新宿線 新宿三丁目駅 C1、C4出口より徒歩1分)

★上記特別ご招待上映に、抽選で10組20名様をご招待!
お申し込み締め切りは、10月9日(月・祝)24時までです。
当プレゼント専用の下記メールアドレスにメールでご応募ください。

・氏名(フリガナ)
・住所(当選した場合の送付先になります)
・メールアドレス(日中確認ができるもの)
・月刊ラティーナ今年1年間の記事で印象に残っている記事を教えてください。

を明記の上、latina.belcanto@gmail.com へご応募ください!
※メールの件名を「ラテンビート映画祭『ベル・カント』スペシャル上映イベント 無料ご招待」にして送信をお願いします!
なお当選者の方へは、直接のご連絡をもって発表とかえさせて頂きますので、ご了承ください。
※お一人様一回限りご応募下さい。
※10月10日(火)にご招待券を郵送で発送させていただきます。

映画『ベルカント』
南米のある国で開かれたパーティー会場が反政府ゲリラに占拠され、主賓である日本企業の社長やゲストとして招かれた著名なオペラ歌手らが人質となる。長い膠着状態の中、ゲリラと人質との緊張関係に少しずつ変化が生まれる。1996年に起こった在ペルー日本大使公邸占拠事件をヒントに書かれたアン・パチェットの小説が原作のオペラを映像化。キューバ系アメリカ人でピュリツァー賞受賞劇作家ニロ・クルスとペルー出身の作曲家ジミー・ロペスが手掛け、米国で高い評価を得た。歌曲は英語、スペイン語、日本語、そしてペルー先住民族の言語であるケチュア語など多言語で歌われている。

監督:ケヴィン・ニューベリー/出演:ダニエル・ドゥ・ニース、チャ・ジョンチョル、ジェナイ・ブリッジス/2015年/米国/オペラ/180分(予定)

<映画・イベントに関する詳しい情報はこちらから>

映画『ベルカント』トレイラー

ラテンビート映画祭

http://lbff.jp/index.html