‘ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

立教大学ラテンアメリカ講座 ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)受講生追加募集!

2020年9月10日 木曜日

立教大学ラテンアメリカ研究所が主催する公開講座「ラテンアメリカ講座」が、少しでも学習の機会を提供すべく、特別措置として今年度秋学期の講座をオンラインにて実施することを決定しました。
今年度秋学期の講座に関しては既に締切りが終了していますが、「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」についてはまだ定員に余裕があるため、一般の方も対象として追加募集することになりました。

ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)
~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~

〇担当講師
石橋 純(東京大学教授/ラテンアメリカ文化研究、文化人類学、民衆文化、ポピュラー音楽研究、音源/コンサートのプロデューサー経験あり)
家電メーカーで12年マーケティング実務に携わっていました。ベネズエラ駐在歴8年。その後フリーランスのライター・翻訳者として働きつつ、学位取得。2000年から大学教員をしています。

〇授業の目標
音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチします。サウンドや歌詞の背景にある文化と社会について論じます。

〇授業の内容
テーマを決めて、体系的にラテンアメリカ音楽を聴いていきます。まず総論としてラテンアメリカ音楽の特徴、スペイン・ポルトガル音楽との相違点、文化混淆と音楽などについて論じます。つぎにキューバを一例としてとりあげ、この島の伝統音楽が国際的に広まり、こんにちのサルサへと変貌し、グローバルマーケットに 受容されるまでを論じます。中盤では「うた」に着目し、ロマンティック歌謡や社会批評の歌などを、地域横断で聴いていきます。このシリーズではとりわけ歌詞に着目します。終盤は、さまざまな地域の音楽をとりあげ、論じます。
講師の得意分野はベネズエラをはじめとするカリブ海域の音楽です。当期の内容は例年と同じものを基本に、 オンライン授業向けにアレンジを加えます。授業はZoomによるオンラインで実施します。

〇教材
PDF資料

〇成績評価方法
毎回のリアクションペーパー(60%)と口頭発表(40%、履修者全員)。

〇講師よりメッセージ
平素の授業における音楽再生は、ネット公開されている音源・映像を、講師が指定するURLにしたがって、受講生各自の端末で再生することになります。授業中に音楽を試聴できる環境をご用意ください。

詳細については、以下のホームページでご確認ください。

https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ilas/koza.html

◇申込締切:2020年9月16日(水)15:00 Web出願のみ 先着30名
◇受講料 (2020年度秋学期のみ有効):7,500円(登録料)+12,500円(授業料)=20,000円
◇科目詳細・お申込み:
以下のフォームから申請してください。

https://forms.gle/886CYKBtKq9pthiDA

 

Announcement: Cancellation of Asian Tango Dance Championship 2020

2020年3月30日 月曜日

Dear prospective Asian Tango dance competitors,

Considering the current global situation regarding corona virus pandemic, Asian Tango Dance Championship committee has decided to cancel the championship this year.
It was planned to be held on the 20th and 21st of June at Sakura Hall in Shibuya, Tokyo this year.
We had been observing the situation to decide whether we would go ahead and host the championship or not, but we are not even sure if the Tango Dance World championship 2020 would take place regarding the fact that the virus is spreading in Argentine and its economical downturn. Other events taking place around the time in Tokyo have been postponed or canceled because of the uncertainty of how long this situation would last.
We apologize for not announcing this news earlier, but we appreciate your sincere understanding. Hope we will be able to see you all in 2021.

Best wishes,

Tango dance Asian Championship committee chair
Latina Co.
Kenji Honda

2020タンゴダンスアジア選手権 開催中止のお知らせ

2020年3月26日 木曜日
現在発生している新型コロナウィルス感染症(COVID19)が拡大している状況を受け、アジア選手権実行委員会で協議の結果、下記選手権の中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。
アジア諸国から参加を楽しみにされ、準備されてきていた多くの皆様のことを考え、状況を見守ってまいりましたが、全く先の見えない現在の状況、同時期の他のイベントの中止、延期が現実のものとなりつつあること、さらにCOVID19が南米アルゼンチンにも感染が拡大、同国経済の混乱ぶりも報告され、世界大会の見通しもはっきりしておりません。
以上の様な状況から、苦渋の決断ではありますが、本年のアジア選手権は中止とすることに決定いたしました。
開催を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。
新型コロナウィルス問題の早い終結を祈りながら、ご報告させてただきます。
6/20(土)タンゴダンス・アジア選手権 予選 東京・渋谷 さくらホール
6/21(日)タンゴダンス・アジア選手権 決勝 東京・渋谷 さくらホール
タンゴダンスアジア選手権実行委員会
代表 本田健治 / 株式会社ラティーナ

2020年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

2020年3月6日 金曜日

 

2020年度立教大学ラテンアメリカ講座受講生募集中!

~音楽をてがかりにラテンアメリカ地域にアプローチ~

「ラテンアメリカ論Ⅰ(音楽)」講師:石橋純(東京大学教授)

その他、ラテンアメリカ政治・ラテンアメリカ文学等あり

◇申込締切:2020年3月25日(水)Web出願OK

◇受講料:登録料(単年度有効)15,000円、授業料(1科目通年)25,000円

◇詳細は講座HP

◇問い合わせ先:立教大学ラテンアメリカ研究所事務局

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

TEL:03-3985-2578 E-mail:late-ken@rikkyo.ac.jp

URL:https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ilas/

クリバス 初来日!(※4公演中止)

2020年2月27日 木曜日

【公演中止のお知らせ】

コトリンゴ &クリバス ジャパンツアー

2月28日(金) 名古屋・三楽座

2月29日(土) 岡山・蔭凉寺

3月1日(日) 松江・興雲閣

コトリンゴ Live 2020 やよい reunion with Cribas from アルゼンチン

3月4日(水) ビルボードライブ大阪

上記4本、協議を重ねた結果、中止とさせていただきます。

———

なお、名古屋公演につきましては、

直前でのご案内、大変申し訳ございません。

クリバスのみの単独で会場を変更し縮小開催致します。

【名古屋の縮小開催につきまして】

※出演がクリバスの単独公演となり、縮小開催となります。会場と開催時間が変更となっておりますので、ご注意お願い致します。

●2月28日(金)@名古屋・ 金山ブラジルコーヒー

名古屋市中区金山4-6-22 コスモビル1F

開場 19:00 / 開演 20:00

前売 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク代別途)

※お振込み済の方には差額をお支払いいたします。

[ご予約&お問い合わせ]

cowandmouse489@gmail.com / 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

※件名に[クリバス 名古屋公演]と明記の上、

お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。

———

公演を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様には、ご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。コロナウイルス感染拡大防止のため、このような判断とさせていただきました。何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い致します。

チケットの払い戻しに関しましては、大阪公演はビルボードライブ、

http://www.billboard-live.com/m…/20200227_billboardlive.html

名古屋、岡山、松江の3公演に関しましては、カウアンドマウスのホームページや、ご予約いただいた方にはカウアンドマウスより、ご連絡いたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

直前のご案内となり、大変申し訳ございません。

https://www.cowandmouse.info

2020.2.27

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルゼンチンでのコトリンゴとの2018年の奇跡の邂逅を経て2年… いよいよアルゼンチン音楽新世代の5人クリバスが日本の地に集結します。クリバスの5人がアルゼンチンから日本まで来て演奏してくれる機会は非常に限られたものです!

 

■きさらぎ reunion with Cribas from アルゼンチン

2月23日(日)@豊洲シビックセンターホール

https://www.kcf.or.jp/toyosu/event/detail/?id=3135

—————————————————————–

■コトリンゴ &クリバス ジャパンツアー
kotringo & Cribas from Argentina Japan tour

2月28日(金)@名古屋・三楽座
2月29日(土)@岡山・蔭凉寺
3月1日(日)@松江・興雲閣

■特設サイト:https://www.cowandmouse.info/kotringo-cribas

—————————————————————–

■コトリンゴ Live 2020やよい reunion with クリバス from アルゼンチン

3月4日(水)@ビルボードライブ大阪

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11847&shop=2

 

 

 

■ Cribas Solo Live in Tokyo

アルゼンチンから初来日し、コトリンゴ とのツアーを果たすクリバスの1夜限りのソロライヴ。ルイス・アルベルト・スピネッタ、アカ・セカ・トリオ、モノ・フォンタナ、カルロス・アギーレを敬愛するアルゼンチン新世代の音楽家5人が奏でる至福の時。ツアーを記念してリリースされるサードアルバム『LA OFRENDA』のレパートリーから新曲をたっぷりとお楽しみください。

2月26日(水)@sonorium (東京・永福町)

open 19:00  start 19:30

チケット:http://ptix.at/mxl6nq

 

■ Juan Fermin Ferraris Piano Solo35mm

フアン・フェルミン・フェラリスのソロアルバム『35mm』の内容を軸としたピアノソロ・コンサート。

2月24日(祝・月)@Li-Po (東京・渋谷)

チケット:SOLD OUT

 

CRIBAS

Juan Fermín Ferraris(Piano & Vocal)

Nicolás Padín(Guitar)

Joaquín Mendy(Drums & Percussion)

Federico Aguirre(Acordeon)

Diego Amerise(Contrabass)

ディスコグラフィー

La hora disminuta(2014)

Las Cosas(2017)

La Ofrenda(2020) 

現代フォルクローレを更新するグループ、クリバスからの思わぬ贈り物。 青春へのノスタルジア…センチメンタルな旅への切符──
聴く者を郷愁に運ぶサードアルバムで、クリバスというグループの可能性は拡張した。
もしかしたら、最高傑作。

35mm(2019年 Juan Fermín Ferraris)

ーーー

※※本ツアーは、通常通り開催を予定しております。※※
クリバスのメンバーもアルゼンチンより現時点(2月19日現在)では予定通り来日致します。

【ご来場の皆様へお願い】

新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染拡大予防のため皆様のご協力をお願いいたします。
・発熱・咳・全身痛等の症状がある場合は、ご来場前に必ず医療機関にご連絡の上、
指定された医療機関を受診されますようお願いいたします。
・咳エチケットをお守りください。咳・くしゃみ等の症状がある方はマスクをご着用ください。
・体調にご不安のある方は、くれぐれもご無理をなさらないようお願いいたします。
・拡散防止のため、係員もマスクを着用させていただく場合がございます。
・体調不良であることが見受けられるお客様には、スタッフよりお声がけさせて頂き、
イベントへのご参加を制限させて頂く場合がございます。

レオナルド・マルケス ジャパン・ツアー 2020(※開催中止)

2020年1月17日 金曜日

エバーグリーンなメロディとヴィンテージ機材のドリーミーな音色が織り成す、まどろみのようなヒーリング・ポップ。
ブラジルのS.S.W. レオナルド・マルケス 5年ぶりの来日公演!

3/21(土) 山形・gura lounge hall
3/23(月) 神戸・Bar Request
3/27(金) 東京・代官山 晴れたら空に豆まいて / with 菅原慎一BAND

────

■山形公演 3月21日(土) open 16:30 start 17:00
出演:レオナルド・マルケス(Guitar/Vocal)
会場 gura lounge hall (山形市旅篭町2丁目1-41)
予約・前売り4,000円/当日4,500円 全席自由(50席限定)
問合せ: yama-bra(bossacur@ma.catvy.ne.jp)
※予約受付中!
※山形公演はレオナルド・マルケスによるソロ公演です。

────

■神戸公演 3/23(月) Bar Request open 18:30 start 19:30
出演:レオナルド・マルケス(Guitar/Vocal)
会場: Bar Request 〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町100 高砂ビル1階
予約・前売り3,500円/当日4,000円 全席自由(50席限定)
予約・問合せ:TEL: 078-331-1728  E-MAIL: hall@100ban.jp (100BANホール/スタジオ)
※神戸公演はレオナルド・マルケスによるソロ公演です。

────

■東京公演 3月27日(金) open 18:30 start 19:30
会場 代官山・晴れたら空に豆まいて
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20−20 モンシェリー代官山B2
前売 4000円(+ 1D 600円) 当日 4500円(+ 1D 600円)
出演:レオナルド・マルケス  共演:菅原慎一BAND

●レオナルド・マルケスBAND:レオナルド・マルケス(Guitar/Vocal) ニカホヨシオ(Keyboard) 岡田拓郎(Bass) 増村和彦(Drums)
●菅原慎一BAND:菅原慎一(Vocal / Guitar)大塚智之(Bass)水谷貴次(Drums)芦田勇人(Pedal Steel Guitar)松村拓海(Flute)内藤彩(Bassoon)

●レオナルド・マルケス[Leonardo Marques]
ディーゼル 《Diesel》 (のちのウドーラ《Udora》) のギタリストとしてブラジルのロック・シーンで頭角を現し、
レッド・ホット・チリ・ペッパーズがヘッドアクトを務めたロック・イン・リオに出演。
クリーヴ・デイヴィス (Clive Davis) の J-Records (RCA) と契約しロサンゼルスに拠点を移すと、
マルーン5のマット・ウォレスほか数々の世界的な音楽家と仕事をするようになる。
またハリウッドのサンセット大通りにあるヴィンテージ・ギターの店で働いたことを契機に
ヴィンテージなサウンドにも興味を持つようになった。

ブラジル帰国後にはインディーロック・バンドのトランスミソール《Transmissor》 をジェニフェル・ソウザ(Jennifer Souza) らと結成。ミナスの最重要インディーバンドとして認知されると同時に、自身のスタジオ「イーリャ・ド・コルヴォ《Ilha do Corvo》」を設立。ヴィンテージな音を求めるブラジルのミュージシャンの作品を数多くプロデュースしている。

自身名義では『Dia e Noite no Mesmo Céu (2013)』『クルヴァス、ラードス、リーニャス・トルタス、スージャス・イ・ヂスクレタス (2015)』『アーリーバード (2018)』と、これまでに3枚のアルバムをリリース。2015年には初の日本ツアーを行い、キセル、ツチヤニボンドといったミナスの音楽にシンパシーを寄せる音楽家と対バンするなど、ブラジル音楽ファン以外にも鮮烈な印象を残した。

Leonardo Marques ©︎Azevedo Lobo

●菅原慎一BAND
シャムキャッツのギタリスト/ソングライター菅原慎一が、
音楽好きの友人たちと楽しく演奏をする小楽団。
2019年12月、SECOND ROYALより
待望の初音源『Ground Scarf / Seashell Song』を
7インチレコードでリリースした。

────

■東京公演のチケットは、購入方法は3通りあります。

●Peatix で電子チケットを購入
https://leonardomarques.peatix.com

●会場の「晴れたら空に豆まいて」で予約
03-5456-8880 (15時-22時半)

●ディスクユニオン でチケットを購入
新宿ラテン・ブラジル館
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館

 

トニーニョ・オルタ featuring ヂアナ・オルタ・ポポフ ジャパン・ツアー 2019、公式サイトをオープン

2019年7月24日 水曜日


トニーニョ・オルタが来日します! 若きミナスの特別な才能、ヂアナ・オルタ・ポポフと一緒に!

 

本日、「トニーニョ・オルタ featuring ヂアナ・オルタ・ポポフ ジャパン・ツアー 2019 」の公式サイトをオープンしました!

http://latina.co.jp/ToninhoHorta_DianaHortaPopoff/index.html

9/20神戸、9/22山形、9/24東京の3会場での開催です。追加公演もあるかもしれません!?!

Twitter アカウント と

https://twitter.com/2019Featuring

Facebook ページ も 

https://www.facebook.com/Toninho-Horta-featuring-Diana-Horta-Popoff-483910255768568/

始動します!

トニーニョ・オルタは、キャリア50周年の記念の年になります。ヂアナ・オルタ・ポポフは、今回が初来日になります。

ぜひ、情報拡散にご協力ください。

────

9/20(金)神戸
会場:100BAN ホール 開場 18:00 開演 19:00 チケット前売 6500円 / 当日 7000円 / 学割 5000円(要学生証)

問合:100BAN ホール 078-331-1728(平日 10~12時、13~16時のみ) hall@100ban.jp

出演:トニーニョ・オルタ(ギター、ヴォーカル)/ ヂアナ・オルタ・ポポフ(ピアノ、ヴォーカル)/マチアス・アラマン(ベース)/岡部洋一(ドラムス)

9/22(日)山形

会場:文翔館議場ホール 開場 17:00 開演 17:45 チケット前売 5500円 / 当日 6000円

問合:bossacur@ma.catvy.ne.jp

出演:トニーニョ・オルタ(ギター、ヴォーカル)/ 〔ゲスト〕ヂアナ・オルタ・ポポフ(ピアノ、ヴォーカル)/〔ゲスト〕マチアス・アラマン(ベース)

主催:yama-bra
https://www.facebook.com/events/368201090486516/

9/24(火)東京
会場:Blue Note Tokyo ミュージック・チャージ 8000円

1st 開場 17:30 開演 18:30

2nd 開場 20:20 開演 21:00 

問合:03-5485-0088(Blue Note Tokyo)

出演:トニーニョ・オルタ(ギター、ヴォーカル)/ ヂアナ・オルタ・ポポフ(ピアノ、ヴォーカル)/マチアス・アラマン(ベース)/岡部洋一(ドラムス)

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/toninho-horta/

企画制作:(株)ラティーナ 03-5768-5588

宮沢和史「島々百景」刊行記念スペシャルトークイベント

2019年7月1日 月曜日

月刊ラティーナで連載している宮沢和史氏の『島々百景』が書籍化されました。

刊行記念スペシャル・トークイベントを東京代官山の蔦屋書店音楽フロアにて行います。

7月8日(月)  13:30開場 14:00スタート

トークイベント 宮沢和史 × 今福龍太(いまふく・りゅうた)

今福龍太(いまふく・りゅうた)

文化人類学者・批評家。クレオール文化研究の第一人者として知られる。奄美・沖縄での存在形態は詩人および唄者Stony Ryu。琉球詩誌『KANA』同人。遊動型の野外学舎「奄美自由大学」を2001年より主宰。著書に『群島-世界論』『ブラジルのホモ・ルーデンス』『ミニマ・グラシア』『薄墨色の文法』『わたしたちは難破者である』『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』『ハーフ・ブリード』など多数。

トーク終了後はサイン本のお渡し会があります。

参加入場料は5000円(入場券+島々百景)です。

予約申し込みは、蔦屋書店音楽フロア店頭 、または電話(03-3770-2525)にて受け付けております。

https://store.tsite.jp/daikanyama/event/music/7749-1213300626.html

定員は100名様です。100名様を超える場合は、立ち見での入場となりますので、予めご了承ください。

ご予約はお早めに!

 

トニーニョ・オルタの東京公演は11/24(土)から! 11/29 (木)には岡山公演もございます!

2018年11月22日 木曜日

page2image5942368

トニーニョ・オルタの東京公演は11/24(土)から! 11/29 (木)には岡山公演もございます!

<Toninho Horta – Happy 70th Birthday Tour>

▶︎東京公演
開催日 : 2018年11月24日(土)~12月2日(日)
会場 : 代官山 晴れたら空に豆まいて
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2F(東急東横線代官山駅より徒歩1分) TEL: 03-5456-8880
主催 : 代官山 晴れたら空に豆まいて
協力 : ポッションエッズ

【日程】
*2018年11月24日 (土)
– plays songs from “Durango Kid 1 & 2” & more –
開場 17:15 開演 18:00
前売 6,400/6,900 (お土産無/有) 当日は500円増

*2018年11月25日 (日) – 2 shows 入替制
(1st show)
– plays songs from “Diamond Land” & more –
開場 14:15 開演 15:00
(2nd show)
– plays songs from “Moonstone” & more –
開場 17:45 開演 18:30
前売 6,400/6,900 (お土産無/有) 当日は500円増
1日通し券 前売 13,000 (優先入場・お土産有)

*2018年12月1日 (土)
– plays Milton Nascimento Classics & more –
開場 17:15 開演 18:00

*2018年12月2日 (日) – 2 shows 入替制
70歳誕生日、当日のライブです!
(1st show)
– Toninho Horta 70th Birthday Live #1 –
開場 14:15 開演 15:00
(2nd show)
– Toninho Horta 70th Birthday Live #2 –
開場 17:45 開演 18:30
前売 6,400/6,900 (お土産無/有) 当日は500円増
1日通し券 前売 13,000 (優先入場・お土産有)
前売 6,400/6,900 (お土産無/有) 当日は500円増

すべてドリンク代別途 ¥600

【トニーニョ・オルタ古希祝いパーティー!!】
70歳の誕生日当日を、本人を囲んで皆で祝いましょう!

*2018年12月2日 (日) FAN EVENT!!!
Toninho Horta 70th. Birthday Party!!

開場 21:30 開演 21:30
前売/当日 3,500 (ブッフェ付き)

ご予約は、 toninhohorta.anos70@gmail.com 宛に
氏名、公演日、券種(お土産の有無)、枚数および電話番号を明記の上ご送付
もしくは、「代官山 晴れたら空に豆まいて」までお電話 (03-5456-8880) 願います。

▶︎岡山公演
[出演] Toninho Horta (vocal&guitar)
[日時] 11/29 (木) 開場19:00 / 開演20:00 (限定80名/全席自由)
[会場] 岡山 蔭凉寺(いんりょうじ)岡山市北区中央町10-28
[料金] 予約 6,000円 / 当日 6,500円(全席自由)
[予約・問い合わせ]
メール予約 moderado music (moderadomusic@gmail.com)
※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記のうえお申し込み下さい。
[チケット取扱予定店]
グリーンハウス倉敷店、グリーンハウス岡山店、レコード屋、スタジオFe、DINDI、蔭凉寺
[協力] Felipe Nakamura、DINDI、蔭凉寺

45093826_330320661088976_2353211988772913152_n

▶︎トニーニョ・オルタ / TONINHO HORTA
1948年12月2日、ブラジルのミナスジェライス州に生まれる。 幼少の頃より母親から手ほどきを受けながら独学でギターを学ぶ。 14歳の時、ミナスの先輩で6歳上のミルトン・ナシメントと出会い、生涯にわたる友人関係が始まった。 1969年、ミルトンのアルバムに楽曲提供した「Aqui ó」は彼の代表曲のひとつである。 ミルトンの⻩金期を支えたトニーニョは、1980年にアルバム「Terra dos Pássaros」でソロ・デビュー。 以降、「Diamond Land (1988)」「Moonstone (1989)」
「Durango Kid (1993 & 1995)」などの名盤の数々をリリース。 故郷ミナスの山並みを表しているという個性的なメロディー・ライン。彼独自としか言いようが無く、 あのギル・エヴァンスも賛辞を贈る唯一無二のコードワーク/ハーモニー。 そしてジョージ・ベンソンが絶賛し、パット・メセニーに大きな影響を与えた繊細かつダイナミックな ギター・プレイは、今日に至るまで世界中で賞賛を受け続けている。 矢野顕子や小野リサとの共演でも日本の音楽ファンには馴染み深く、来日も多い親日家である。

【11月15日(木)Quatro M のライヴが大阪、CHOVE CHUVA で開催!!!】

2018年11月9日 金曜日

歌う旅人、旅する歌手・松田美緒とNYを活動拠点とするサンバ・ジャズ・ピアニストMIKAによるスペシャルユニット、Quatro M(クアトロ エム)。
Primeiro Passo(第一歩)からPróximo Passo 次の章へ!
デュオ結成の地CHOVE CHUVAで、レパートリーを新たに、さらに緊密に、芳潤にひろがっていくクアトロMの音楽を聴いてください!
日時:11月15日(木)19:00 open 19:30 start
場所:CHOVE CHUVA
〒550-0003 大阪市西区京町堀 1-13-2 藤原ビル2F
チケット:予約3000円 / 当日3500円
★予約・お問い合わせはこちらから!
Tel & Fax:06-6225-3003
http://www.chovechuva.com/contact/…
★facebookイベントページはこちら!
https://www.facebook.com/events/823596114698702/